‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

犬の車酔い状態について

2013/10/02

犬04

犬の車酔い状態は、人間とは少しだけ異なるので注意してください。

人間の場合は、車酔いになると相当目が周るような苦しみがあります。

しかし、犬の場合はそこまで苦しがらないことが多いでしょう。多少そわそわとすることがあり、顔を左右に振ることがありますね。

そして、よだれがかなり出てくるので、それをサインにして車酔いであるかを判断してください。

このような状態になったらしっかりと対策をしてください。主に一度車を停めて散歩をさせるのが良いです。

かなり衰弱している場合は、落ち着くまで寝かせておくようにしましょう。

できるだけ換気をするようにしてください。だから、窓から顔をだすのも良い方法かもしれません。

兎に角犬の気分転換をせるようにしましょう。

ちなみに、水を飲ませるというのがあります。

確かに水を飲ませることで車酔いを治すことが出来るかもしれませんので、与えると良いかもしれません。

ただし、犬によっては水も受け付けないことがありますので注意してください。そして食べ物は良く無いので注意しましょう。

このように犬の車酔いの状態があります。

車酔いの症状を出すようならしっかりと対処をするようにしてくださいね。

すぐに対処すれば、犬の方も気持ちよくドライブをすることが出来るでしょう。

民間療法で犬の車酔いを抑える

2013/10/02

犬04

犬の車酔いに対しての民間療法があります。

それを使用することで、車酔いを克服することが出来るかもしれません。

まず、ジンジャーがあります。

これは生姜であり、抗セロトニン作用がありますので、吐き気などを軽減することが出来るでしょう。

だから、吐いてしまう犬などにジンジャーを与えてみると良いですね。

他にも熱乾性ハーブのジンジャーはかなり効果的な民間療法であり、どのような薬よりも効果的な車酔いの予防をすることが出来るでしょう。

その欠片を噛むだけで効果を出すことができるので、かなり良いですね。
他にもペパーミントがあります。

これは、うつ状態を緩和することが出来る効果を持っており、神経を鎮めて車酔いの状態を回復させることが出来るでしょう。

それは犬にも効果を持っており、2~3粒くらいを使用して匂いをかがせることで効果を出すことが出来ます。

これは人間にも効果を与えるので、酔いやすい人はやってみると良いでしょう。

このように民間療法が存在しています。これらを使用することで、かなり車酔いを防止することができるので、やってみると良いですね。

ただし、効果が薄い犬も居ないわけではありませんので注意してください。その場合は、他の対策をしておくことをオススメします。

犬の車酔いに対処したグッズを購入する

2013/10/02

犬04

犬の酔に対してのグッズが販売しています。

それを使用することで、多少は車酔いを抑えることが出来るかもしれませんので、そのグッズを購入してみると良いでしょう。

ペットようのグッズは数多くありますね。その量といえばすごい量でしょう。そのようなグッズの中には、車酔いをする犬用のグッズも存在しています。

それを使用することで、多少ですが車酔いを防止することができるので、購入してみると良いかもしれません。

例えば、犬を入れることが出来るボックスがあります。

これは、助手席などに設置することで、人間の目の高に犬を置くことが出来るようになるでしょう。

これで、小型犬でも外を見ることができるので、車酔いを抑えることが出来るかもしれません。ちなみに、さほど説明したように小型犬に使われるものですから大型犬に使えません。

他にも、犬がゴロゴロとすることが出来るシートがあります。

後部座席などを畳むことが出来るところで設置をすることで、広々と犬が過ごすことが出来るでしょう。

ただし、これは酔いやすい犬には適さないので注意しましょう。そして、効果的なのが犬専用のシートです。

通気性が良く、そして犬が安心することが出来る空間ですので、安心して過ごすことが出来るでしょう。

このように犬のためのグッズがありますので、それを購入して犬の車酔いを防止してください。

車に乗せる時の注意

2013/10/02

犬04

犬を車に乗せる時に、いくつか注意しないといけないことがあります。

それを注意していないと車酔いになることがありますので注意してください。

まず、車に乗って移動する前には、おしっこやうんこをしっかりとさせてから車で移動を開始したほうが良いです。

全ての犬に言えることではありませんが、大体車で移動している間は緊張をしていて排泄関係をすることが出来ません。

故に、我慢をしていることがあります。

その我慢は良くなくて、場合によっては酔う原因になるでしょう。だから、必ず排泄をしておいた方が良いですね。

ちなみに、ある程度の時間が経ってから排泄をさせるようにしてください。

だから、長期間の移動をする場合に備えてシートをしっかりと持参をしましょう。

もちろん、外で出来る犬なら外でしてください。

ただし、しっかりと持ち帰ってくださいね。

次に、匂い関係のするものはできるだけ入れないようにしましょう。

車によくある消臭剤がありますがありますね。それに匂いがあると犬は車酔いしやすくなります。

だから、そのようなものはできるだけ設置しないようにしてください。もしくは、無臭の消臭剤を置くことをしましょうね。

このように犬を乗せる場合に注意しないといけないことです。

これを注意して処理することで、多少ですが車酔いを防止することができるので、やっておきましょう。

犬の性格を理解する

2013/10/02

犬04

犬の車酔いは、結構その犬の性格が出てくることがありますので、どのような性格であるかを理解するようにしてください。

比較的車に酔いやすい犬というのは、落ち着きのない犬が多いです。

あくまでも多いだけなので、確実ではありませんが、そわそわとして平衡感覚を悪くして酔うタイプが結構多いので、そのような犬は注意をしたほうが良いかもしれません。

逆に静かめに座っている犬などは、酔わないことが多いですね。

特に、外の景色をじっと見ている犬などは、かなり酔いにくいと言っても良いでしょう。

やはり落ち着いていることで、酔うことをしないのでしょうかね。ただし、これもあくまでも多いだけです。

落ち着いているなと思っていたら車酔いに苦しんでいるということがたまにありますので注意してください。

ちなみに、車に入るとすぐに眠る犬は大体が車に強いと言っても良いでしょう。

安心して眠るだけのものがありますので、まず酔うことはありません。というよりも、移動が完全に眠りなので酔う心配はないでしょうね。

このように犬の性格によって酔う犬と酔わない犬があります。

もちろん、これ以外の別例もありますので、完全にそうとは言えませんが、参考程度に考えて対策をすると良いでしょう。

犬の習性を利用する

2013/10/02

犬04

犬の多くは狩猟犬です。

そして、そのような狩猟犬は穴の中に居る動物も見つける習性があるでしょう。その習性を使用してケージやバックを用意しておくと良いでしょう。

大型犬は違う場合が多いですが、小型犬などは小さな穴に入っている方が落ち着く場合がありますね。

そのため、落ち着かせるためにケージやバックの少し狭めのものを用意すると良いでしょう。その中に入れればある程度はおとなしくなり、気分の回復をすることが出来るかもしれません。

ただし、あくまでもそれで落ち着く犬の場合に限られるので注意してください。それでは落ち着かない、もしくは逆効果になることもありますので注意しましょう。

他には、何かしらのもので夢中にさせるというのもありますね。

夢中にしておけば、車に乗っていることを忘れてそれに集中することが出来るでしょう。

例えば、何かかじらせると言ったことがありますね。何かをくわえている間は、かなり集中して車酔いを抑制することが出来るかもしれません。

これは、その犬によって異なりますので、よく考えてください。

このように犬の習性を利用して車酔いを抑制することが出来るかもしれません。

いろいろ試してみて、車酔いになりにくいものを用意すると良いでしょう。

車酔いに対する対策

2013/10/02

犬04

犬の車酔いの対策をすれば良いでしょう。それをすることで、犬も気分が楽に乗ることが出来るでしょう。

まず、犬の車酔いの症状として吐いてしまうことがあります。だから、吐いても良いように対策をしたほうが良いでしょう。

例えば、紙や臭い消しのスプレーなどを持って行くと良いですね。

ちなみにスプレーは絶対に無臭の物を使用してください。下手に匂いを付いていると犬だけでなく、搭乗者自体がその匂いによって気分を悪くすることがあります。

だから、無臭の物を使用してください。次に、犬用のケーズやキャリアバックなどがあると良いですね。

犬をその中に入れておくことで、犬の緊張を解すことが出来ます。そうすることで犬の車酔いも治るかもしれません。

他にも散歩用のリードもあると良いですね。少し外を散歩させることで気分を落ち着かせることが出来るでしょう。

犬の好きな玩具などももっていくことをオススメしますね。

最後に水やおやつなどもあると良いのですが、注意として車酔いをした時に吐くような犬の場合は適さないので注意してください。だから、犬によっては持って行くと良くないかもしれません。

このように予め用意しておけば、いろいろと対処することができるので、用意をしておくと良いでしょう。

もちろん、上記以外にもあると良い物があるなら持って行くと良いですね。

よくある解決方法

2013/10/02

犬04

犬の車酔いを治す方法は実はいろいろとあります。

それも結構耳にすることがある方法で解決することができるので、やってみると良いでしょう。

基本的に犬は人間と違って平衡感覚良くありません。それに、人間のような視線で見ていないのでなお酔うことになります。

だから、簡単に人間と同じ位置で周りを見ればよいです。

そうすれば治る場合がありますね。

ただ、これでも治らない場合ももちろんあるでしょう。そのような時に、外の空気を吸わせると良いです。

たまに見る犬の頭が窓から出ている行為が犬の車酔いの対処方法ですね。

だから、それをさせると良いでしょう。ただし、小型犬はそこから落ちる場合がありますので注意してください。

窓から頭を出すことで、空気を吸うことが出来ます。これで気持ちがすっきりすることがあるでしょう。

ちなみに、単純に空気を良くするだけでも効果がありますので、試してみてください。これで治らない場合は、一度車を停めて散歩をすることをオススメします。それで解決することが出来るでしょう。

ちなみに、一度寝かせるというやり方もありますね。

寝てしまえば気持ちがスッキリします。ただ、この状態で寝られればの話ですがね。

このようによくある方法で犬の車酔いを解決することができるので、やってみると良いです。

車に乗せる前にならしておく

2013/10/02

犬04

犬の車酔いを防止するためには、車に慣らさせるようにしてください。

そして、なれていけば車酔いを起こしにくくすることが出来るでしょう。

基本的に犬の車酔いは治ります。だから、車酔いに困っている犬は慣れさせるようにしてください。やり方としては、まず車に近づかせることです。

この時に、慣れていないと犬の方は拒否反応出しますので取り敢えず頑張ってください。

それができたらおやつなどを出して褒めてくださいね。次に、犬をエンジンの付けない車の中に入れます。

そこで遊ばせて慣れさせてください。エンジンが動いていないので、振動が無くて慣れることが出来るでしょう。

そして、それができたら実際に短い距離を犬と一緒に走行して徐々に距離を長くすることで車酔いを治すことが出来ます。

うまく行けばこれで酔わなくなりますが、それでも酔う場合がありますので注意してください。ちなみに、酔う原因をどこかで作っていることがありますので注意しましょう。

それがある限り車酔いが治りません。

ただ、ケージやキャリーバッグに入れて行けば落ち着いて行けるかもしれませんので、よく考えてください。

このように犬の車酔いを慣らすことで治すことができます。頑張れば犬の方もしっかりと克服することができるので、頑張ってください。そして犬と一緒にドライブを楽しむと良いでしょう。