犬の車酔い状態について

犬04

犬の車酔い状態は、人間とは少しだけ異なるので注意してください。

人間の場合は、車酔いになると相当目が周るような苦しみがあります。

しかし、犬の場合はそこまで苦しがらないことが多いでしょう。多少そわそわとすることがあり、顔を左右に振ることがありますね。

そして、よだれがかなり出てくるので、それをサインにして車酔いであるかを判断してください。

このような状態になったらしっかりと対策をしてください。主に一度車を停めて散歩をさせるのが良いです。

かなり衰弱している場合は、落ち着くまで寝かせておくようにしましょう。

できるだけ換気をするようにしてください。だから、窓から顔をだすのも良い方法かもしれません。

兎に角犬の気分転換をせるようにしましょう。

ちなみに、水を飲ませるというのがあります。

確かに水を飲ませることで車酔いを治すことが出来るかもしれませんので、与えると良いかもしれません。

ただし、犬によっては水も受け付けないことがありますので注意してください。そして食べ物は良く無いので注意しましょう。

このように犬の車酔いの状態があります。

車酔いの症状を出すようならしっかりと対処をするようにしてくださいね。

すぐに対処すれば、犬の方も気持ちよくドライブをすることが出来るでしょう。