車に乗せる時の注意

犬04

犬を車に乗せる時に、いくつか注意しないといけないことがあります。

それを注意していないと車酔いになることがありますので注意してください。

まず、車に乗って移動する前には、おしっこやうんこをしっかりとさせてから車で移動を開始したほうが良いです。

全ての犬に言えることではありませんが、大体車で移動している間は緊張をしていて排泄関係をすることが出来ません。

故に、我慢をしていることがあります。

その我慢は良くなくて、場合によっては酔う原因になるでしょう。だから、必ず排泄をしておいた方が良いですね。

ちなみに、ある程度の時間が経ってから排泄をさせるようにしてください。

だから、長期間の移動をする場合に備えてシートをしっかりと持参をしましょう。

もちろん、外で出来る犬なら外でしてください。

ただし、しっかりと持ち帰ってくださいね。

次に、匂い関係のするものはできるだけ入れないようにしましょう。

車によくある消臭剤がありますがありますね。それに匂いがあると犬は車酔いしやすくなります。

だから、そのようなものはできるだけ設置しないようにしてください。もしくは、無臭の消臭剤を置くことをしましょうね。

このように犬を乗せる場合に注意しないといけないことです。

これを注意して処理することで、多少ですが車酔いを防止することができるので、やっておきましょう。