車酔いに対する対策

犬04

犬の車酔いの対策をすれば良いでしょう。それをすることで、犬も気分が楽に乗ることが出来るでしょう。

まず、犬の車酔いの症状として吐いてしまうことがあります。だから、吐いても良いように対策をしたほうが良いでしょう。

例えば、紙や臭い消しのスプレーなどを持って行くと良いですね。

ちなみにスプレーは絶対に無臭の物を使用してください。下手に匂いを付いていると犬だけでなく、搭乗者自体がその匂いによって気分を悪くすることがあります。

だから、無臭の物を使用してください。次に、犬用のケーズやキャリアバックなどがあると良いですね。

犬をその中に入れておくことで、犬の緊張を解すことが出来ます。そうすることで犬の車酔いも治るかもしれません。

他にも散歩用のリードもあると良いですね。少し外を散歩させることで気分を落ち着かせることが出来るでしょう。

犬の好きな玩具などももっていくことをオススメしますね。

最後に水やおやつなどもあると良いのですが、注意として車酔いをした時に吐くような犬の場合は適さないので注意してください。だから、犬によっては持って行くと良くないかもしれません。

このように予め用意しておけば、いろいろと対処することができるので、用意をしておくと良いでしょう。

もちろん、上記以外にもあると良い物があるなら持って行くと良いですね。